精索静脈瘤手術 ナガオメソッド 日帰り顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術 銀座リプロ外科|男性不妊専門クリニック

診療のご予約はこちら

手術のご相談はこちら

03-5159-2240

日帰り顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術(ナガオメソッド)

精索静脈瘤とは?

精索静脈瘤とは 本来は心臓へ血液を戻す精巣の静脈で、重力などで血液が逆流して精巣の周りに血液が停滞(うっ血)してしまう病気です。
一般で15%、不妊男性で40%以上にあります。

精索静脈瘤は男性不妊症と関係ありますか?

欧米をはじめ世界のガイドラインで、男性不妊と深く関係していると述べられています。
精巣の温度は体温より2-3度低い状態で精巣が機能します。精索静脈瘤を放置すると精巣機能(精子と男性ホルモンを作る機能)が悪化していきます。

精索静脈瘤の診断は簡単ですか?

簡単です。日本生殖医学会の泌尿器科生殖医療専門医の10分ほどの診察とエコー検査で診断できます。 低コストで1回の診療で終わります。

精索静脈瘤はすべて手術が必要ですか?

軽症は手術の必要はありません。当科では診察で、グレード3(見てわかる:陰嚢が凸凹している、腫れている)、グレード2(触ってわかる:腫れている)、エコー検査で精巣周囲の静脈の太さ3mm以上が複数または2.8mm以上が多数あるものを手術適応としています。

総運動精子数とは?

精液検査には、量・濃度・運動率のパラメータがあります。比較しやすいように3つのパラメータを掛け合わせて総運動精子数を求めます。婦人科治療の目安として、総運動精子数1560万以上ならタイミング法、900万―1560万未満なら人工授精、500万―900万未満なら体外受精、500万未満なら顕微授精となりますが、実際は妻の年齢も考慮する必要があります。

日帰り顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術(ナガオメソッド)してどのくらい良くなりますか?

総運動精子数の手術前後の変化 手術前精液で、顕微授精レベル群が18倍と正常化、体外受精レベル群が4.3倍と正常化、人工授精レベル群が2.5倍と正常化、タイミングレベル群でも1.8倍とさらに改善
総運動精子数の手術前後の変化 術前精液で、顕微授精レベルの人の38%の人が自然妊娠可能になった。体外受精レベルの人の50%が自然妊娠可能になった。人工授精レベルの人の60%が自然妊娠可能になった。
(ただし、妻の年齢を考慮する必要がある)
症例 総運動精子数3万、5.6万と顕微授精だった人が、ナガオメソッド手術施行後、3か月目で1244倍の6968万と正常化し、6か月目で自然妊娠、14か月目で健康な児を妻が出産、その後も正常精液で2人目も自然妊娠可能。

日帰り顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術(ナガオメソッド)は体外受精の成績も上げる?

精索静脈瘤の悪影響と手術により改善する項目 ナガオメソッド手術患者の87%が精液を改善し、58%婦人科治療のステップダウンが可能になり、無精子症の14%に精子が出現しTESEを回避できた。
また、精子の質が改善し、体外受精や顕微授精の成績が上がり、流産が減る。
精索静脈瘤を放置すると2人目不妊や男性ホルモン低下になる。陰嚢痛・違和感・不快感は、90%改善する。

精索静脈瘤のよい手術法は?

顕微鏡手術の十分なトレーニングを受けたマイクロサージャンによる日帰り顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術(ナガオメソッド)が最も確実で安全な方法です。
精索静脈瘤手術法の比較 手術方法には、米国泌尿器科教科書より高位結紮術、腹腔鏡下手術、経皮的塞栓術、顕微鏡下低位結紮術があります。腹腔鏡下手術と経皮的塞栓術には重篤な合併症のリスクがあります。腹腔鏡下手術が低侵襲手術といわれますが、手術中は腹腔内に大量のガスを注入し頭をさげるので低侵襲ではありません。また、出血した場合の対応が難しい。経皮的塞栓術は、静脈に塞栓物質を入れるので立位での逆流しているときはよいですが、寝たときに心臓に血液が向かう可能性があり塞栓物質が心臓を経由して脳血管や心臓栄養血管などに向かうことが心配されます。また、腹腔鏡下手術と経皮的塞栓術の合併症や再発率も高い。経皮的塞栓術では、複数の細い静脈を塞栓できないためすぐにバイパス血管が拡張して再発してしまう。
マイクロピンセットと鉗子 腹腔鏡手術で使用する鉗子は、マイクロピンセットに比べ明らかに大きく、柄も長く細かい操作をするのは不可能、技術の高い腹腔鏡手術外科医でもリンパ管・動脈・神経を正確に分離できず、東邦大学に相談にきた患者では再発や合併症が最も多い。

日帰り顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術(ナガオメソッド)とは?

顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術には、高度なマイクロサージェリーの技術が必要になります。ナガオメソッドを開発した東邦大学の永尾教授は医師になってからずっとマイクロサージェリー手術を継続しています。ナガオメソッドは、精索および外精組織から、血管・リンパ管・神経を1本1本丁寧に分離して確認して、逆流静脈だけ結紮します。なれないところでは手術時間4時間だった聞いていまが、トレーニングを積めば1時間で可能になりますが、時間は症例により長くなることもあります。
外科手術は、術者の技術に左右されますので、より簡便な方法で行うところも多くあります。例えば、精管1本、動脈1本を確保して、それ以外の組織を一括で結紮(しばる)術者もいます。精巣が壊死しなければよいと考えている術者がいることです。しかし、精巣機能を改善する目的で手術を行うのに、残りの動脈・神経・リンパ管を結紮してしまうのでよくないと考えられます。
顕微鏡手術の十分なトレーニングを受けたマイクロサージャンではない研修医には、顕微鏡下高位結紮術を推奨しています。高位とは体の高い位置ということで、静脈は体の上の方に行くほど太く本数も少ないので手技が優しく、動脈損傷してもバイパス動脈があります。
日帰り顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術(ナガオメソッド)の手術記録(例) 日帰り顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術(ナガオメソッド)の手術記録(例)

精管1本、動脈7本(外精動脈、精管動脈、精巣動脈を含む)、リンパ管9本、神経10本を確認して温存し、逆流静脈32本(うち2mm以上8本を含む、外精静脈含む)結紮した。2mm以上は切離した。麻酔・手術合計時間1時間。麻酔は長時間作用と短時間作用の局所麻酔薬を使用し、6段階局所麻酔法で行った。

日帰り顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術(ナガオメソッド)は痛くないですか?

局所麻酔は細い針(皮内針)を使用し、注射の痛みは少しありますが、長時間作用と短時間作用の局所麻酔薬を使用し、6段階局所麻酔法でほとんど痛みはありませんでした。
この麻酔方法を確立してから、中学生でも痛がらず日帰り手術を行っています。
手術中にスマホで音楽を聴いたり、メールをしている患者さんもいます。
手術後はすぐに歩いて帰えることができます。痛み止めの内服程度で術後の痛みもコントロールできます。

手術の準備、術後の管理は?

術前検査として感染症採血を行います。手術前日に陰毛を自分自身で電気シェーバーなどで剃ってきてください。院内で剃る場合はディスポの電気シェーバーを使用するので別途費用がかかります。皮膚は、溶ける糸で皮膚の裏側から縫っているので抜糸はりません。手術日は内出血予防にガーゼで傷を圧迫してるので陰部はふいてください、洗髪はよいです。
傷に医療用ビニールテープを貼っているので、翌日からシャワーが使用できます。
採精は翌日から、性交は1週間後から、入浴・飲酒は傷が完全に乾いてからです。
1週間はブリーフをはいて中にタオルを入れて陰嚢がぶらぶらしないようにしてください(内出血予防)。

Copyright © Ginza Reproductive Surgery All Rights Reserved.

PAGETOP