COLUMN

高額療養費制度とは、保険適用の治療に対して、医療機関や薬局の窓口で支払った額が、ひと月で上限額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。
当院で、リンパ管細静脈吻合術(LVA)をお受けになる患者様は、予め申請し、「限度額適用認定証」および「健康保険証」をご持参ください。

高額医療費制度とは?

高額医療費制度

高額医療費の対象となる治療は?

対象になる治療 対象にならない治療
保険適用される治療 食費、居住費、差額ベッド代、先進医療にかかる費用など

リンパ浮腫の治療で高額になりやすい治療

以下のような治療は、高額になりやすいです。

リンパ管細静脈吻合術(LVA)

リンパ管細静脈吻合術(LVA)は高額な手術となり、高額療養費制度が適用されます。

医療用弾性着衣(弾性ストッキング・弾性スリーブ等)

リンパ浮腫の治療に使われる、医療用弾性着衣(弾性ストッキング・弾性スリーブ等)は別の制度があります。検査でリンパ浮腫が認められ、医師が医療用弾性着衣が必要と判断した場合は保険適用となり、医師が指示書を発行します。後日、加入している医療保険(健康保険組合、協会けんぽ(全国健康保険協会)、共済組合、国民健康保険など)の担当窓口に手続きすることにより、費用が戻ります。

※詳しくは、「四肢リンパ浮腫治療のための弾性着衣などにかかる療養費の支給」をご参照ください。

四肢のリンパ浮腫治療のための弾性着衣等に係る療養費の支給について
「四肢のリンパ浮腫治療のための弾性着衣等に係る療養費の支給について」の一部改正について

自己負担の限度額は年収区分によって異なる

自己負担の限度額は、年収区分によって異なります。年収区分を参考にしてください。
また、最新の情報は厚生労働省のホームページ「高額療養費制度を利用される皆さまへ」をご覧ください

年収 ひと月の上限額(世帯ごと)
年収約1,160万円~ 252,600円+(医療費-842,000)×1%
年収約770~約1,160万円 167,400円+(医療費-558,000)×1%
年収約370~770万円 80,100円+(医療費-267,000)×1%
~年収約370万円 57,600円
住民税非課税者 35,400円

※2022年3月現在

申請の方法は?

加入している医療保険(健康保険組合、協会けんぽ(全国健康保険協会)、共済組合、国民健康保険など)の担当窓口に、「限度額適用認定証」の交付を申請をしてください。

いつごろ給付される?

診療時に限度額適用認定証を持参する場合は、自己負担限度額の支払いのみになります。
持参しない場合は、通常の保険自己負担分を支払い、後日申請し払い戻しをしてもらいます。
いずれも最終的な支払いは同額となります。

この記事の執筆医師

永尾 光一 先生

東邦大学 医学部教授(泌尿器科学講座)
東邦大学医療センター大森病院 リプロダクションセンター
東邦大学医療センター大森病院 尿路再建(泌尿器科・形成外科)センター長

昭和大学にて形成外科学を8年間専攻。その後、東邦大学で泌尿器科学を専攻し、形成外科・泌尿器科両方の診療科部長を経験する(2つの基本領域専門医を取得)。得意分野はマイクロサージャリーをはじめとする生殖医学領域の形成外科的手術。泌尿器科医の枠を超えた細やかな手術手技と丁寧な診察で、様々な悩みを抱える患者さんから高い信頼と評価を得ている。

所属医療機関

一覧ページに戻る

この記事を見た人はこんな記事も見ています

銀座リプロ外科では、患者様のお身体や浮腫の状態に合わせて、医療機器メーカーの協力により、完全オーダーメイドで弾続きを読む

銀座リプロ外科では、患者様のお身体や浮腫の状態に合わせて、医療機器メーカーの協力により、完全オーダーメイドで弾 続きを読む

ご予約・お問い合わせ