MEDICAL CONTENT

精索静脈瘤とは、精巣やその上の精索部(精管、血管、リンパ管、神経などを覆う膜)に静脈瘤(じょうみゃくりゅう・静脈の拡張)が認められる症状のことを指します。一般男性の15%に認められ、男性不妊症患者の40%がその疑いであるとされています。ここでは、精索静脈瘤の原因や手術の方法、予防法などについてご紹介しています。

精巣やその上の精索部に静脈瘤(静脈の拡張)が認められ、これを精索静脈瘤と言います。
精索静脈瘤は、一般男性の15%に認められ、男性不妊症患者の40%以上に認められ、後天性の男性不妊症(二人目不妊)の78%の原因です。
WHOの報告では、9,034人の不妊男性の調査で、精液所見が悪い男性の25.6%で、精液所見が正常の男性の11.7%で精索静脈瘤が認められました。

まずは検査を行い、精液所見の状態や触知により手術適応の判断をいたします。

精索静脈瘤高位結紮術、腹腔鏡下精索静脈瘤結紮術、日帰り顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術などがありますが、
精巣静脈高位結紮術と日帰り顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術が一般的に行われています。

当院では日帰り顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術 ナガオメソッドを自費にて行っております。
>> 手術については特別ページもご参照ください

 

精索静脈瘤とは?

 

精巣やその上の精索部に静脈瘤が出来ることで血流が悪くなるため、精巣温度の上昇などで精巣機能が悪くなる症状のことです。男性不妊症の原因の一つで、男性不妊症患者の全体の40%以上に認められます。精索静脈瘤が認められた場合、精液所見の顕著な改善が期待※1できます。他院にて精液検査を受けられて、所見が悪いと診断された方は検診をお薦めいたします。

※1ヨーロッパ泌尿器科学会:男性不妊診療ガイドラインより

 

 

腎臓の静脈から血液の逆流が生じることで、左精索静脈内の陰のう上部がうっ血し、瘤(こぶ)状の腫れなどの症状が生じることになります。
このため血液が停滞し、精巣の温度が上昇します。そして、精巣機能が低下する原因になります。

 

症状

自覚症状はない場合が多いです。ただし、悪化すると陰のうの腫れやでこぼこ、陰のう痛が出現します。
精索静脈瘤により、下記のような影響が起こります。

  • 精巣機能の悪化
  • 精巣萎縮
  • 精液初見の悪化
  • 精子のDNAダメージ
  • 陰嚢(陰のう)痛
  • 陰のうの違和感
  • 男性ホルモンの低下

軽症の場合、手術の必要はありませんが、当院では診察で「グレード3(見てわかる:陰のうが凸凹している、腫れている)」「グレード2(触ってわかる:腫れている)」、エコー検査で精巣周辺の静脈の太さ3mm以上が複数または2.8mm以上が多数あるものを手術適応としています。
 

不妊治療との関係性

欧米をはじめ世界のガイドラインで、男性不妊と深く関係していると述べられています。
精巣の温度は体温より2~3度低い状態で精巣が機能します。精索静脈瘤を放置すると精巣機能(精子と男性ホルモンを作る機能)が悪化します。

冒頭でも述べたように、精索静脈瘤は一般男性の15%に認められ、男性不妊症患者の40%以上に認められ、後天性の男性不妊症(二人目不妊)の78%の原因です。
WHOの報告では、9034人の不妊男性の調査で、精液所見が悪い男性の25.6%で、精液所見が正常の男性の11.7%で精索静脈瘤が認められました。

女性だけではなく男性も不妊治療を行うことが重要です。

 

原因

本来、精巣から心臓に戻る静脈血が、

  1. 重力
  2. 静脈の逆流防止弁の機能不全
  3. 左の精巣静脈が流れ込む左腎静脈が大動脈に圧迫され血液の戻りが悪くなる

などの理由から、逆流した静脈血が精巣周囲に貯留し精索静脈瘤を発症します。
遺伝や特定の原因はありませんが、人間が立つようになったためと考えられています。

また、片側の静脈瘤は、もう一方の精巣にも悪影響を与えます。
一般男性で15%、不妊男性で40%と、決して珍しい病気ではありません。

検査方法

精索静脈瘤の検査は「触診」「エコー検査」によって行います。
触診では、静脈瘤の程度によってグレード1~3までに分類します。当院では、グレード2以上の場合を手術適応としています。
 

精索静脈瘤のグレード

グレード 症状
グレード1 立った状態で腹圧負荷をかけた状態で触り、確認できる
グレード2 立った状態で触り、腫れていることがわかる
グレード3 陰のうが凸凹している、腫れていることが見てわかる

またエコー検査では、精巣周囲の静脈の太さを確認し、「太さ3mm以上が複数」「太さ2.8mm以上が多数」のいずれかの場合、手術適用としています。
 

治療・手術の方法

治療は、手術によって行います。手術方法は複数あり、合併症のリスクや再発率などを加味して選択する必要があります。当院では「日帰り顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術・ナガオメソッド」をお薦めしています。

 

手術方法によって再発率に差がある

以下の表は、精索静脈瘤の手術方式を特徴ごとにまとめたものです。

ナガオメソッド(顕微鏡下低位結紮術) 顕微鏡下高位結紮術 一般的顕微鏡下低位結紮術 鼠径部結紮術 肉眼的高位結紮術 腹腔鏡手術
麻酔法 局所麻酔(7段階) 全身麻酔 全身/局所麻酔 全身麻酔 全身麻酔 全身麻酔
入院・日帰り 日帰り 入院 入院/日帰り 入院 入院 入院
動脈温存 3-15本 0-1本 1-2本 1-2本 なし なし
リンパ管温存 5-10本 3-5本 なし/1-2本 なし なし なし
神経温存 5-10本 1-3本 なし なし なし なし
再発率 0.5% 5% 13.3%※ 13.3% 29% 3-7%
精巣水瘤合併 なし なし あり あり 5-10% あり
重篤な合併症の可能性 なし なし あり(血流障害・精巣萎縮) なし なし あり(出血・腸管損傷)
使用器具 顕微鏡・ドップラ血流計・NAGAOBO 顕微鏡 顕微鏡 腹腔鏡
技術レベル 非常に高い 普通 ばらつき多い 普通 普通 普通
保険適応 自費 保険 保険/自費 保険 保険 保険
おすすめ度 ×/△ × × ×

 

文献  1. ヨーロッパ泌尿器科学会男性不妊ガイドライン
    2. K. Nagao: One day microsurgical varicocelectomy under local anesthesia.
      IFFS/ JSRM International Meeting (Symposium) , Yokohama, 2015
※ 本邦では、外精静脈を残すので、鼠径部結紮術と同じ再発率である。

 

以下、それぞれの手術の特徴についてご紹介します。

 

再発率の高い「腹腔鏡下手術」「経皮的塞栓術」

一般的に腹腔鏡下手術は「低侵襲手術(身体への影響が少ない手術方式)」と言われますが、手術中は常に腹腔内に炭酸ガスで満たしておく必要があり、低頭位(頭を下げた姿勢)であるため、実際には体に負担がかかっています。また、出血した場合の対応が難しいと言われています。

経皮的塞栓術では静脈に塞栓物質を入れるため、立位で逆流しているときは問題ないものの、寝たときに心臓に血液が向かう可能性があります。そうすると、塞栓物質が心臓を経由して脳血管や心臓栄養血管などに向かってしまいます。

また、腹腔鏡下手術と経皮的塞栓術の場合、合併症や再発率が高いのも特徴です。特に経皮的塞栓術では、複数の細い静脈を塞栓(血管をふさぐこと)できず、すぐにバイパス血管が拡張してしまうため、再発率も高くなってしまいます。
 

再発率だけでなく合併症の可能性も高い「肉眼的高位結紮術」「顕微鏡下高位結紮術」「一般的な顕微鏡下低位結紮術」

肉眼的高位結紮術ではリンパ管の温存ができません。そのため、精巣水腫の合併率が高く、外精(逆流)静脈が残るため、再発率も高くなってしまいます。

顕微鏡下高位結紮術では、リンパ管が温存されるため精巣水腫の合併はないものの、外精(逆流)静脈が残るため、再発率は5%となっています。

また、一般的な顕微鏡下低位結紮術では、複数の動脈・リンパ管・神経の損傷があるので、精巣水腫、血流悪化、精巣萎縮など、重篤な合併症の可能性があります。
それに加え、外精(逆流)静脈が残るため、再発率も高くなってしまいます。

このように、過去の術式では再発率が高かったり、合併症の可能性が残っていたりと、必ずしもベストな選択ではなかったのです。

そこで当院では、東邦大学大森病院 リプロダクションセンター センター長 永尾光一教授が開発した高度な術式「日帰り顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術・ナガオメソッド」をおすすめしています。

日帰り顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術・ナガオメソッドでは、高度な技術をもった術者が、血管(動脈・静脈)・リンパ管・神経を1本1本分離します。そのため、大事なものがすべて温存され、合併症もほとんどありません。また、外精(逆流)静脈やその他の逆流静脈も確実に結紮するので、再発率が0.5%と、他の術式と比較すると最も低くなっています。
ナガオメソッドの手術に関して詳しくはこちら

 

予防、生活で気をつけるべきこと

現在、精索静脈瘤を予防する適切な方法は見つかっていません。ただし、早い段階で見つけ、適切な手術を行うことで、生殖機能を向上させることは可能です。
そのため、自己診察を行って、早期発見を目指しましょう。また、少しでも気になることがあれば、すぐに医師に相談するようにしてください。
手術について詳しくはこちら
 
診察のご予約についてはこちら

よくある質問

  • 精索静脈瘤とはなんですか?

    精索静脈瘤とは、精巣やその上の精索部に静脈瘤(じょうみゃくりゅう / 静脈の拡張)ができる病気です。一般男性の15%に認められ、男性不妊症患者の40%以上が精索静脈瘤によって不妊になっていると言われています。治療には手術が用いられます。

  • 精索静脈瘤の手術は保険適用ですか?

    術式によって異なります。保険適用の手術の場合、医療費が40~60万円かかったとしても(3割負担の場合)自己負担は14-17万円です。しかし、保険適用の術式には合併症のリスクもあるため、当院では保険診療外の手術である日帰り顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術(ナガオメソッド)をおすすめしています。

  • 精索静脈瘤になる原因はありますか?

    血液が腎臓側から精巣周辺の静脈へと逆流してしまうと、精巣や精索部に静脈の拡張が生じます。これが、精索静脈瘤の原因です。男性不妊の原因として知られる乏精子症や精子運動率低下の35%が精索静脈瘤によって引き起こされると言われています。

一覧ページに戻る