MEDICAL CONTENT

精巣やその上の精索部に静脈瘤(静脈の拡張)が認められ、これを精索静脈瘤と言います。
精索静脈瘤は、一般男性の15%に認められ、男性不妊症患者の40%以上に認められ、後天性の男性不妊症(二人目不妊)の78%の原因です。
WHOの報告では、9034人の不妊男性の調査で、精液所見が悪い男性の25.6%で、精液所見が正常の男性の11.7%で精索静脈瘤が認められました。

まずは検査を行い、精液所見の状態や触知により手術適応の判断をいたします。

精索静脈瘤高位結紮術、腹腔鏡下精索静脈瘤結紮術、日帰り顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術などがありますが、
精巣静脈高位結紮術と日帰り顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術が一般的に行われています。

当院では日帰り顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術(ナガオメソッド・自費)にて手術を行っております。
>> 手術についてはこちら

 

精索静脈瘤とは?

 

精巣やその上の精索部に静脈瘤が出来ることで血流が悪くなるため、精巣温度の上昇などで精巣機能が悪くなる症状のことです。男性不妊症の原因の一つで、男性不妊症患者の全体の40%以上に認められます。精索静脈瘤が認められた場合、精液所見の顕著な改善が期待※1できます。他院にて精液検査を受けられて、所見が悪いと診断された方は検診をお勧めいたします。

※1ヨーロッパ泌尿器科学会:男性不妊診療ガイドラインより

 

 

腎臓の静脈から血液の逆流が生じることで、左精索静脈内の陰のう上部がうっ血し、瘤(こぶ)状の腫れなどの症状が生じることになります。
このため血液が停滞し、精巣の温度が上昇します。そして、精巣機能が低下する原因になります。

一覧ページに戻る