MEDICAL CONTENT

リンパ浮腫とは、乳がん、子宮がん、卵巣がん、悪性黒色腫などの治療(手術)のあとに、リンパの流れが悪くなることで起こる症状です。

ここでは、リンパ浮腫がどのようにして発症するのか、また、どの程度のレベルになったときに病院に行けばよいのかについてご紹介しています。

リンパ浮腫はどのようにはじまる?発症のきっかけ

皮膚や皮下脂肪からのリンパの流れは、両側の脇の下(腋窩:えきか)と足の付け根(鼠径:そけい)のリンパ節に多く集まってきます。治療でリンパ節の一部を取り除くことで、リンパの流路に滞りができてしまうことがリンパ浮腫の発症のきっかけです。

集合リンパ管というリンパ管の中でも太い流路や、リンパ節には筋肉が備わっていて、ポンプ機能でリンパ液を運搬しています。手術によって物理的に流路が切断されるだけでなく、リンパ液の流出先がない集合リンパ管の内部の圧が非常に大きくなったり、炎症を起こしたりすることで、徐々にリンパ液を運ぶ力が落ちていくことでリンパ浮腫を発症するため、もともとの運搬の余力や流路のダメージの程度によって、発症するまでの期間には個人差があります。もともとのリンパの流れの余力が大きい方とそうでない方がいらっしゃいますし、抗がん剤や放射線などの補助療法、体重の変化など、さまざまな要因が重なって、余力を使い切ってしまうとリンパ浮腫を発症するに至ります。手術を行わない、放射線治療だけでがん治療を行った場合でも、リンパの流路はダメージを受けます。

もともとヒトの体では、臍(へそ)の高さを分岐点として、臍より上は腋窩へ、臍より下は鼠径へ多くのリンパ液が流れ込みます。このため、リンパ節が取り除かれた影響を最初に大きく受けるのは、腋窩の周りでは二の腕や背中、側胸部、鼠径の周りでは太もも、恥骨前部、おしりの外側など、すぐ近くの部分になります。

リンパ浮腫のはじまりの症状

リンパ浮腫の症状の最初のきっかけは、上肢リンパ浮腫では二の腕や背中、側胸部の張りや痛み、重さ、だるさ、違和感などとして、下肢のリンパ浮腫では太ももや恥骨前部、お尻の外側の張りや痛み、重さ、だるさ、違和感などとして感じる方が多くいらっしゃいます。これらの症状の感じ方には個人差がありますから、同じようにリンパの流れが滞っていても、太くなるまで気づかない人から、見た目はほとんど変わらないのに強い違和感を持つ人まで、感じ方は様々です。この時期には、夜寝ている間に徐々にむくみが取れて症状を感じなくなり、一日起きて活動した後の夕方や夜になると異常を感じてくる方がほとんどです。見た目の太さがあまり変わらないため、医師や周りに相談しても、適切な助言をしていただくことができずに、一人で悩まれる患者さんも多くいらっしゃいます。また、恥骨前部のようなデリケートな部分は人に相談すること自体、躊躇してしまう方も多いようです。

この時期にリンパ浮腫の正確な評価を行うには、ICG蛍光リンパ管造影や超音波検査などの検査を行うことが非常に有効です。

どのように進行する?進行と症状の変化

リンパ節を取り除く治療を受けると、その時からリンパ液を運搬する能力の低下を生じますが、症状の出現、進行の期間は患者さんによって大きな個人差があります。もっとも初期の0期の段階では明らかなサイズの変化は見られないか、ごく軽度で他の人が見てもはっきりしません。自覚症状としては張りや痛み、重さやだるさなど人によっては強く感じます。

最初のうちは張りや痛みであったものが、徐々にサイズの変化として現れるようになってくると、I期のリンパ浮腫と診断されます。この時期では、夜間、腕や脚をあげて寝ていれば朝には改善するため、進行していくリンパ浮腫であると、気が付かない人も多くいらっしゃいます。また、慢性的な症状が続いて、リンパ液を運ぶ能力が落ちてくると、最初期の頃よりも張り感や痛みが軽減するため、受診のきっかけを失ってしまうこともあります。実際にはリンパ浮腫としては徐々に進行し始めている段階ですので、注意が必要です。この状態から、治療効果の出にくい、もっと進行したリンパ浮腫になるまで、つい放っておいてしまう方が多くいらっしゃいます。高い治療効果を得るには、早い段階で取り組み始めることがとても大切です。

しかし、リンパ浮腫がさらに進行すると、夜間あげている程度ではむくみが引ききらなくなってきて、II期のリンパ浮腫と診断されます。皮膚を押すと圧痕が残るなど、はっきりリンパ浮腫とわかる症状がみられるのはこの頃です。さらに進行してII期後期となると、今度は皮膚や皮下脂肪が線維化して硬くなり、かえって圧痕が残りにくくなります。

段階 症状
0期 リンパ液輸送が障害されているが、浮腫が明らかでない潜在性または無症候性の病態。 リンパの流れは悪くなっているが、だれが見ても分かるような症状はない状態 *ICG蛍光リンパ管造影を行ってみると、初期の変化は始まっています。
I期 比較的蛋白成分が多い組織間液が貯留しているが、まだ初期であり,四肢を挙げることにより治まる。圧痕がみられることもある。
むくみは生じているが、初期段階なので、夜脚(腕)を軽く上げて寝ていれば、朝にはすっきりしている。 *ICG蛍光リンパ管造影では、はっきりとした皮膚への逆流が観察されます。
II期 四肢の挙上だけではほとんど組織の腫脹が改善しなくなり,圧痕がはっきりする。
徐々にリンパ浮腫が進行している段階で、不可逆的な組織変化が徐々に進行していきます。
II期後期 組織の線維化がみられ,圧痕がみられなくなる。 進行したリンパ浮腫であり、皮膚の厚みや硬さに大きな変化が生じている段階です。

リンパ浮腫の進行度合いに関して詳しくはこちら

ICG蛍光リンパ菅造影所見の変化

どの段階で病院に行けばよい?

リンパ浮腫の治療においては、早期に治療を開始した方が治療は楽で、高い効果を期待できます。悪性腫瘍の手術や補助療法が一段落しているのであれば、検査や治療はどの時期でも開始可能です。補助療法として感染への抵抗力の落ちる化学療法を行っている場合は、その期間中はリンパ浮腫に対する外科治療は適応できません。詳しい検査も治療が一段落するまで待つのが一般的です。ホルモン療法などの治療は特に影響はないと考えられます。

検査方法の進歩により、以前よりも、早い段階で異常を検出できるようになってきていますので、むくみに関連する症状を感じたら、いつでも検査を受けて治療が必要かどうか、判定してもらうとよいと考えられます。

一覧ページに戻る