MEDICAL CONTENT

当院の診療内容をご紹介します。

銀座リプロ外科にて診察・
問診している症状や外来内容

当院は完全予約制です。ご来院の際にはお問合せフォームよりご予約ください。

精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)

精巣の静脈が重力で逆流して、精巣の周りに血液がうっ血する病気です。一般で15%、不妊男性で40%以上にあります。
精索静脈瘤により、精巣機能の悪化、精巣萎縮、精液所見の悪化、精子の遺伝子(DNAと染色体)ダメージ、陰嚢痛や違和感、男性ホルモンの低下が起こります。 自覚症状はない場合が多いですが、悪化すると陰嚢の腫れ・凸凹、陰嚢痛が出現します。
また、欧米をはじめとする世界のガイドラインで、精索静脈瘤は男性不妊と深く関係していると述べられています。精巣の温度が体温より2-3度低い状態で、精巣は機能します。精索静脈瘤を放置すると精巣の温度が高くなり精巣機能が悪化します。
精索静脈瘤を治療することにより、精液所見も自然レベルまで改善する可能性があります。

精索静脈瘤について詳しくはこちら

難治性ED外来

勃起障害であるかどうかは、EDの定義「満足のいく性行為に十分な勃起を達成できない、もしくは維持できないこと」に当てはまれば診断できるので、患者さん自身でも診断可能です。
ED治療薬(バイアグラ、レビトラ、シアリス)が無効な場合に、当院では、陰茎注射(陰茎海綿体自己注射)や日帰り陰茎プロステーシス手術を行っています。

難治性ED外来について詳しくはこちら

男性不妊外来(男性生殖医療)

男性不妊の根本的な治療法には、精索静脈瘤手術(ナガオメソッド)、精路再建術、低コナドトロピン性性腺機能低下症治療がありますが、有病率から考えると、一般的には精索静脈瘤手術・ナガオメソッドが生殖機能を改善させる唯一の方法と言えます。
人工授精、体外受精、顕微授精は、男性の生殖機能を改善させません。また、精巣内精子採取術(TESE)は、手術操作によって生殖機能を低下させます。
薬などの補助的療法や生活習慣の改善は、有効な場合がありますが、医学的根拠は高くありません。

男性生殖医療について詳しくはこちら

陰茎注射(陰茎海綿体自己注射)

ED治療薬や陰圧式勃起補助具が無効または使用できない患者様が対象で、陰茎プロステーシス手術よりも先に行う治療法です。
また、前立腺がんなどで前立腺を全摘手術を受ける場合、その後の性交渉は諦めてしまっていた人が殆どでしたが、手術前と同じように性交渉を行うことができます。
以前はパパべリンが使用されましたが、持続勃起症や陰茎海綿体内の線維化をおこし勃起障害を悪化させる副作用が多く、現在の血管拡張薬は、副作用の少ないプロスタグランディンE1が使用されています。

手術のご案内

銀座リプロ外科では日帰りによる各手術もしております。

日帰り顕微鏡下精索静脈瘤手術(ナガオメソッド)

当院での手術は、一般的に行われている手術とは違い、東邦大学永尾教授が開発したNAGAOBO®を使用して、精管・動脈・リンパ管・神経を1本1本分離して温存し、全ての逆流静脈を1本1本確認して結紮します。
さらに外精逆流静脈も結紮するので再発率は0.5%と低く、大事なものがすべて残るので後遺症がありません。
このナガオメソッドは、顕微鏡手術の基礎トレーニングを受け、より高度な顕微鏡手術を行った経験のある医師しかできない手術法です。
また、当院ではナガオメソッドの手術記録をお渡しし、精管、動脈、リンパ管、神経、逆流静脈を1本1本分離して確認した記録を、患者さんと共有しています。
当院では、年間600例を超える顕微鏡下精索静脈瘤手術・ナガオメソッドを行っております。

日帰り顕微鏡下精索静脈瘤手術(ナガオメソッド)について詳しくはこちら

日帰り陰茎プロステーシス手術

陰茎プロステーシス手術は、ED でお困りの患者さんに受けていただける安全な手術です。
主には、ED 治療薬が効かないか適応外で、これまでも陰圧式補助具や陰茎海綿体注射を試みたが効果を得られなかったという患者さんが受けられる最後の治療法です。
手術は、シンプルな曲げ伸ばし式のノンインフレータブルタイプとポンプ式で水を移動させるインフレータブルタイプがあります。
ノンインフレータブルタイプは、シンプルな曲げ伸ばし式のディバイスを陰茎海綿体内に移植します。日本人の陰茎は欧米人とは違い、比較的細いため、低侵襲なシングルインプラントを考案し行っています。
インフレータブルタイプは、必要な時にポンプを操作することにより、陰茎に水が移動し自然な感じの勃起状態を可能にします。
これまでも、糖尿病、動脈硬化、前立腺がんや直腸がんの手術後、陰茎硬化症(ペロニー病) でのED、若い患者さんでは静脈性 ED の方に多数受けられ、性的な満足を得られ非常に多くの患者さんに喜ばれています。

日帰り陰茎プロステーシス手術について詳しくはこちら

日帰り顕微鏡下パイプカット手術

精管切断術とも言います。すでに子供がいてこれ以上子供を作る予定のない人が手術を希望した場合に行います。
手術は、陰嚢を1cmほど切開して、精子の通り道である精管を切断するという簡単な方法で、仕事もすぐに復帰できます。
術後1~2か月後に精液検査を行って精子がいないことを確認するまでは、コンドームなどでの避妊が必要となります。
マスターベーションは術後2週間後から行い、古い精子を排出することが必要です。稀ですが、精管の自然再開通の報告があり、念のため、年1回の精液検査を行ってください。

日帰り顕微鏡下パイプカット再建術

当院での東邦大学永尾教授執刀による、顕微鏡下パイプカット再建術は、精子出現率91%、精液正常化率47%と最も高い治療成績です。
パイプカット後の患者さんで、再婚などを期に授産目的でされる手術です。

日帰り顕微鏡下パイプカット再建術について詳しくはこちら

日帰り顕微鏡下陰茎彎曲症手術(陰茎湾曲症)

陰茎湾曲症は、陰茎海綿体の発育が生まれつきアンバランスなために、勃起したときに陰茎が屈曲する病気です。
陰茎は、主に3つの海綿体でできていて、尿を通す管として1つの尿道海綿体が陰茎の下側にあり、その上に勃起に関係する2つの陰茎海綿体があります。
軽度の屈曲は問題ありませんが、性交障害(挿入困難、抜けやすい、女性の性交痛、体位の制限)を伴う場合やその可能性が高い場合に手術が必要となります。