COLUMN

「生殖医療ガイドライン2021」の「重度の男性不妊の場合は泌尿器科的検査を行う」は、重症男性不妊症と診断されてもすぐに体外受精・顕微受精をするのではなく、まずは泌尿器科(生殖医療専門医)で検査を受けることを強く推奨しています。

軽症でも同様で、もっとも効果のある治療法を選択するための検査であり、結果として、女性の心身的負担、更には経済的負担を減らすことにもつながるので、婦人科治療を考えている場合は、その前にぜひ男性が泌尿科的検査を受けてください

婦人科で行う精液、ホルモン、感染症検査では見つけられない男性の不妊原因を特定できます。男性の不妊原因を特定すると、もっとも効果のある治療法を選択できるようになります。

ここでは、銀座リプロ外科での精索静脈瘤検査の方法についてご紹介します。

当院での検査項目

当院では、視診(見た目で診察)と触診(触って診察)に加えて、陰嚢のエコー検査を行っています。

1.陰部の視診と触診

視診は精巣サイズの測定(正常なサイズは14cc以上)、精巣上体の大きさや硬さ、圧痛・違和感の有無を診ます。

精管の触診では太さと欠損の有無、陰毛・陰茎の発育状態も確認します。

2.陰嚢のエコー検査

精巣腫瘍、精液瘤、精巣水腫、精巣内石灰化の有無などを確認します。
精巣上体の観察と精索静脈瘤の診断も行います。

陰嚢のエコー検査の画像と解説

(例)左側2画面のエコー検査の画像です。

左の静脈径は、6.8mm 6.2mm 4.5mm 4.8mm 4.7mm。

ドップラで安静でも逆流著明、腹圧でさらに増強していました。

以上の所見より、診断は左側グレード3の精索静脈瘤です。

精索静脈瘤エコー検査_左側1枚目
左側1枚目
精索静脈瘤エコー検査_左側2枚目
左側2枚目

(例)左右の精巣のエコー画像です。

精巣内に腫瘍はありませんが、左右の精巣に白い点が多数見えます。これは精巣機能低下により石灰化してきています。

また、右側に精液瘤9.7mm × 10.1mmがあります。こちらは治療してしますと精巣機能低下につながるので、不妊治療中の場合は、経過観察です。

更に、精巣の大きさに左右差があるのが分かります。左側16ml、右側20mlで、精索静脈瘤により、左側が萎縮しています。

精索静脈瘤エコー検査_石灰化_左側
左側
精索静脈瘤エコー検査_石灰化_右側
右側

精液検査をし、精液所見が悪い場合(濃度・運動率・正常精子形態率などの低下)は、泌尿器科受診をお薦めいたします。精索静脈瘤などの、治療できる疾患が見つかった場合は、治療してから体外受精や微授精をすることをお薦めいたします。

男性を治療することにより、妊娠率・出産率のアップ、流産・奇形を低下させることができます。

一覧ページに戻る
初診のお問い合わせはこちら