COLUMN

精索静脈瘤とは?

精索静脈瘤とは、精巣やその上の精索部(精管、血管、神経、リンパ管などを覆う3層構造の膜)に静脈瘤(じょうみゃくりゅう・静脈の拡張)が認められる症状のことを指します。
一般男性の15%に認められ、男性不妊症患者の40%がその疑いであるとされています。

精索静脈瘤の悪影響

精巣萎縮、精液所見の悪化、精子DNAダメージ、陰嚢痛・違和感・不快感、男性ホルモンの低下などが起こります。
精巣機能が悪化すると、精巣内石灰化や、精巣腫瘍の発生率も高まります。

なぜ外科手術が必要なのか

精索静脈瘤は、薬物治療では改善しません。放置すると進行するので、早期治療が必要となります。治療は、外科的手術が唯一の方法です。

ナガオメソッド(顕微鏡下低位結紮術)

手術については「日帰り顕微鏡下精索静脈瘤手術・ナガオメソッド」をご覧ください。

顕微鏡下高位結紮術

心臓に近い位置での逆流静脈結紮なので、本数は少なく手技は簡単です。全身麻酔でのみ行える手術です。外精逆流静脈が残存するので、再発率は約5%です。

一般的な顕微鏡下低位結紮術

一般的な顕微鏡下低位結紮術は、経験の浅い医師でも行える手術です。多くの動脈・リンパ管・神経も一緒に結紮するので、血流障害や腫れ、痛みの原因となります。一括で縛るので、糸が緩んだり、外精静脈が残存し、剥離が不十分で逆流静脈の残存もあり、再発率も高いです。

鼠径部結紮術

高位と低位の中間の位置で行うので、難易度も中間程度です。外精静脈が残存し、剥離が不十分で逆流静脈の残存もあり、再発率も高いです。手術は全身麻酔のみとなります。

肉眼的高位結紮術

心臓に近い位置での逆流静脈結紮なので、本数は少なく手技は簡単です。全身麻酔でのみ行える手術です。外精逆流静脈が残存するので、再発率は約5%です。リンパ管も同時に結紮するので、陰嚢水腫の合併症が5~10%あります。

腹腔鏡手術

腹腔鏡を得意とする医師が行います。心臓に近い位置での逆流静脈結紮なので、本数は少なく手技は簡単です。全身麻酔でのみ行える手術です。外精逆流静脈が残存するので、再発率は約3~7%です。リンパ管も同時に結紮するので、陰嚢水腫の合併症があります。出血や腸管損傷のリスクもあります。

精索静脈瘤手術 ナガオメソッド手術の術後

精索静脈瘤は、薬物治療では改善しません。放置すると進行するので、早期治療が必要となります。治療は、外科的手術が唯一の方法です。

  • 無精子症は、精液検査で精子が見つからない状態
  • 抜糸の有無 溶ける糸で皮膚の裏側から縫合するので、抜糸はありません。
  • シャワー 翌日からシャワー可能です。
  • お風呂 傷が乾いてから入浴可能です。
  • マスターベーション 婦人科治療のための採精が必要であれば、翌日から可能です。
  • 性行為 1週間後からです。
  • 軽い運動(ストレッチなど) 1週間後からです。
  • 激しい運動(筋トレやランニングなど息が上がるもの) 2週間後からです。


一覧ページに戻る
初診のお問い合わせはこちら