COLUMN

女性不妊症については「女性不妊症の原因とは?原因になる疾患について」の記事でご紹介していますので、合わせてご覧ください。

人工授精説明画像

体外受精とは、体外で行われる受精のことを指します。通常の受精は体内で行われるため、それとは反対の言葉として「体外受精」と呼ばれます。ここでは、体外受精についての基礎的な情報や、顕微授精など他の不妊治療との違い、体外受精の流れについてご紹介しています。

体外受精とは

体外受精の歴史

1978年イギリスで、体外受精―胚移植が世界で初めて成功し、健康な女児「ルイーズ・ブラウン(Louise Brown)」が誕生しました。当時、「試験管ベビー」と呼ばれ、このニュースは世界中で大々的に報道されました。その後、ルイーズの妹も体外受精で生まれ二人とも順調に成長し、正常妊娠・出産で我が子を出産しています。

1983年には凍結胚により妊娠、そして翌年には分娩に成功しています。

1992年には顕微授精で、1993年には無精子症に対する、精巣内精子を使用した顕微授精で妊娠・出産に成功しています。

その後、試験管ベビーという言葉は使われなくなり、体外受精(IVF‐In Vitro Fertilization)、生殖補助技術(ART-Assisted Reproductive Technology)と呼ばれるようになり、多くの不妊に悩んでいる方々が恩恵を受けるようになりました。

体外受精のメリット

体外受精の最大のメリットは、タイミング法や人工授精に比べて受精のしやすいことです。年齢を重ねた女性では、なるべく早く妊娠を望まれるので、タイミング法などよりも時間的に効率が良いといえます。
精子が自分の力で卵子に入るため、顕微授精のように卵子への負担も少なく、卵子が傷ついてしまうことへのリスクも低くなります。

また、卵管が癒着し閉塞している場合や、多嚢胞性卵巣症候群のように、卵巣に問題がある場合でも体外受精は可能です。
その他、抗精子抗体をもつ女性の場合の場合にも有効な手段です。

体外受精のデメリット

体外受精では、排卵させるために誘発剤を使うため、通院回数が増えます。採卵では、針を刺すので痛みが伴うため、多くの場合で麻酔が使用されます。
また、受精しても、必ずしも着床する訳ではありません。着床しない場合は、体外受精が繰り返し行われることにより、経済面でも負担が高額となります。
この高額な費用は共働きで負担している夫婦が多いですが、女性は仕事を休んで治療を受けなくてはならないので、職場の上司や同僚からの理解も必要となります。

体外受精の種類

卵子と精子を体の外で受精するという意味で、体外受精と顕微授精とがあります。どちらも予め、採卵・採精が必要です。

体外受精(IVF‐In Vitro Fertilization)

体外受精は、卵子と精子を一緒に培養して(媒精)して受精させますが、このとき、十分な運動精子数が必要です。そして精子が自らの力で卵子入って行くことで受精が起こります。

顕微授精(ICSI‐Intracytoplasmic sperm injection)

顕微授精は、人工的に精子を卵子に注入することにより、受精がおこります。1個の精子がいれば顕微授精は可能なので、乏精子症など体外受精をするには精子の数が足りない場合でも受精が可能となります。
※精子が少ない場合は、予め精巣内精子回収を行い、凍結保存することがあります。

人工授精と体外受精の違い

人工授精と体外受精の違いは、受精が、体内で起こるか体外で起こるかの違いです。
人工授精では、排卵の時期に処理された精子を管で直接子宮に注入することで、体内で受精が起こります。一方、体外受精では、予め採卵した卵子と、採精し処理された精子を同じシャーレに入れ、体外で受精が起こります。
どちらも精子が自力で卵子に入って行くことで受精が起こります。

顕微授精と体外受精の違い

顕微授精と体外受精は、どちらも体外で受精が起こります。この時使われる卵子と精子は、通常同日に採卵・採精されます。どちらも受精に必要な卵子と精子は1つずつですが、受精のさせ方に違いがあります。
顕微授精は、顕微鏡下に卵子の中に精子を注入して受精させます(凍結融解精子でも可能です)。体外受精は、卵子と精子をシャーレや試験管内に一緒に入れて自然に受精させます。

体外受精が適応になるケース

体外受精が適応となるケースは、タイミング療法や人工授精を一定期間繰り返し行ってもうまくいかない場合や、その他、卵管障害や排卵障害の不妊の場合に適応となります。
また、卵巣機能が低下し、妊娠がしにくいと思われる場合にも選択される方法の一つです。

体外受精の流れ

排卵誘発

排卵誘発剤を用いて卵巣を刺激することにより卵胞(卵子)を発育させ、排卵を促します。通常は、排卵障害のある場合や、正常周期で排卵が起こる場合でも確率を上げるために行われる場合があります。

採卵

経腟超音波でモニターを見ながら、膣から細い針を刺し、排卵前の卵胞から卵子を吸引し回収します。無麻酔でも可能ですが、針を刺すと痛いので、座薬、局所麻酔、静脈麻酔なども行われます。

受精

調整した精子を卵子にふりかけ、精子が自らの力で卵子に入るのを待ちます。

胚培養

受精卵は、専用の培養液で培養されます。この時、インキュベーターという機械を用い、温度とガス濃度をコントロールし、体内と同じ環境を作ることができます。

胚移植

良好な胚を、柔らかいカテーテルで子宮内に移植します。女性の年齢が35歳を過ぎていたり、2回続けて不成立な場合を除き、多胎を防ぐため、戻せる受精卵の数は原則1個です。
また、受精後2~3日を経過してから行われる初期胚移植と、5~6日培養して胚盤胞と呼ばれる着床直前の胚を移植する、胚盤胞移植があります。

黄体ホルモン補充

着床率を高めるために、黄体ホルモンを補充する場合があります。

妊娠判定

胚移植から2週間後に、尿検査で判定されます。

胚凍結(受精卵の凍結保存)について

胚(受精卵)を凍結保存しておき、将来(別の周期)にその胚を融解し、移植する方法です。
卵子単体で凍結するよりも、胚(受精卵)の方が着床率は良いです。
また、着床できる時期は限られているので、凍結融解胚移植の方が、適切な時期に移植を行えるため、妊娠率が上昇すると言われています。

胚凍結(受精卵の凍結保存)について

体外受精の成功率を上げるためには、卵が良質であると同時に、精子の質を高めるということも大切です。DNA・染色体がダメージしている精子では、当然のことながら成功率も低下してしまいます。
精液検査をし、精液所見が悪い場合(濃度・運動率・正常精子形態率などの低下)は、泌尿器科受診をお薦めいたします。精索静脈瘤などの、治療できる疾患が見つかった場合は、治療してから体外受精や顕微授精をすることをお薦めいたします。

男性を治療することにより、妊娠率・出産率のアップ、流産・奇形を低下させることができます。
精液検査についてはこちらをご覧ください。

一覧ページに戻る
初診のお問い合わせはこちら