COLUMN

女性不妊症については「女性不妊症の原因とは?原因になる疾患について」の記事でご紹介していますので、合わせてご覧ください。

顕微授精とは

人工授精説明画像

顕微授精とは、ICSI(Intracytoplasmic sperm injection 卵細胞質内精子注入法)とも呼ばれ、卵巣より卵子を取り出して、顕微鏡を使い専用の針で、1個の精子を卵子の中に注入し、授精させる方法です。その後、奥様の子宮に受精卵を戻されます。

いずれも、既にタイミング療法や人工授精、体外受精を行ったが妊娠しない場合や、奥様の年齢・状態に考慮し検討される方法です。

顕微授精のメリット

  • 精子が1つでもいれば授精させることができる
  • 受精障害のある方でも授精させることができる
  • 体外受精より受精率がやや高い

顕微授精のデメリット

  • 卵子に人工的に穴を開けて精子を入れるので、卵子が傷ついたり壊れたりするリスクがある
  • 胚培養士の力量が問われる
  • 定期的な通院が必要
  • 費用も高額となる

体外受精と顕微授精の違い

体外受精と顕微授精は、どちらも体外で受精が起こります。この時使われる卵子と精子は、通常同日に採卵・採精されます・どちらも受精に必要な卵子と精子は1つずつですが、受精のさせ方に違いがあります。

体外受精では、卵子と精子を一緒に培養して(媒精)して受精させますが、このとき、精子は十分な精子の数が必要です。そして精子が自らの力で卵子入って行くことで受精が起こります。
一方、顕微授精では、人工的に精子を卵子に注入することにより、受精がおこります。1個の精子がいれば顕微授精は可能なので、乏精子症や体外受精をするには精子の数が足りない場合でも受精が可能となります。
※精子が少ない場合は、予め精巣内精子回収を行い、凍結保存することがあります。

人工授精と顕微授精の違い

人工授精と顕微授精は、どちらも人の手により精子を注入されますが、受精自体は、人工授精では体内で起こり、顕微授精は体外で起こします。

人工授精では、マスターベーションにより射出された精液を洗浄し、濃縮した「調整精子」を準備します。それを排卵日に、医師の手により、子宮内に注入されます。
一方、顕微授精では、人工的に精子を卵子に注入することにより受精を行います。

顕微授精が適応になるケース

顕微授精が適応になるケースは、体外受精を繰り返し行っても受精しなかった場合、また今後も可能性が低いと判断される場合です。女性の年齢が高いことや卵子の数が極めて少ないこと、男性の精液所見が極端に悪く総運動精子数が顕微授精レベルなど、顕微授精以外では受精の可能性が極めて低い場合に限られます。

顕微授精の流れ

排卵誘発

排卵誘発剤を用いて卵巣を刺激することにより卵胞(卵子)を発育させ、排卵を促します。通常は、排卵障害のある場合や、正常周期で排卵が起こる場合でも確率を上げるために行われる場合があります。

採卵

経腟超音波でモニターを見ながら、膣から細い針を刺し、排卵前の卵胞から卵子を吸引し回収します。無麻酔でも可能ですが、針を刺すと痛いので、座薬、局所麻酔、静脈麻酔なども行われます。

受精

顕微鏡下で、細いガラス管に1個の精子を吸引して直接卵子の中に入れます。

胚培養

受精卵は、専用の培養液で培養されます。この時、インキュベーターという機械を用い、温度とガス濃度をコントロールし、体内と同じ環境を作ることができます。

胚移植

良好な胚を、柔らかいカテーテルで子宮内に移植します。女性の年齢が35歳を過ぎていたり、2回続けて不成立な場合を除き、多胎を防ぐため、戻せる受精卵の数は原則1個です。
また、受精後2~3日を経過してから行われる初期胚移植と、5~6日培養して胚盤胞と呼ばれる着床直前の胚を移植する、胚盤胞移植があります。

妊娠判定

胚移植から2週間後に、尿検査で判定されます。

顕微授精のリスク

顕微授精のリスクには、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)、受精卵ができない、妊娠しない、受精しても胎児への懸念などがあります。
卵巣過剰刺激症候群は、排卵誘発剤の過剰投与により、卵巣が過剰に反応している状態をいいます。腹水が溜まったり場合によっては入院が必要です。また、血液が濃縮し、血栓症・脳梗塞のリスクもあり、妊娠するとさらに悪化してしまいます。

受精卵ができない、あるいは、胚(受精卵)ができた場合でも、すべてにおいて妊娠できる訳ではありません。
また、顕微授精と胎児の状態の関係を懸念する声はありますが、現在のところ、胎児に異常が生じる確率は、自然妊娠と差がないと報告されています。
研究段階ではありますが、顕微授精は、自然妊娠より、流産・早産・低体重・先天異常の割合が若干高いとされています。いずれにしても、重度の男性不妊症に顕微授精を行った場合、顕微授精を適切に行われた場合でも、染色体や造精機能関連遺伝子の異常が発生する可能性はあります。(※婦人科治療を始める前に、男性の泌尿器科的検査を行うことをお薦めいたします)

顕微授精の成功率を上げるためにできること

顕微授精の成功率を上げるためには、卵が良質であると同時に、精子の質を高めるということも大切です。DNA・染色体がダメージしている精子では、当然のことながら成功率も低下してしまいます。
精液検査をし、精液所見が悪い場合(濃度・運動率・正常精子形態率などの低下)は、泌尿器科受診をお薦めいたします。精索静脈瘤などの、治療できる疾患が見つかった場合は、治療してから体外受精や微授精をすることをお薦めいたします。

男性を治療することにより、妊娠率・出産率のアップ、流産・奇形を低下させることができます。


一覧ページに戻る
初診のお問い合わせはこちら